静岡で永代供養のことなら | 天然寺

【天然寺】は静岡で葬儀の出向にも対応中~法事・法要はどのタイミングで行うもの?~

法事・法要を行う基本的なタイミング

法事・法要を行う基本的なタイミング

法事・法要は人生の中で何度も経験するわけではないため、何かと戸惑うことも少なくありません。例えば「どのタイミングで法要を営むのかわからない…」という声も聞かれます。基本的な法要の時期をご紹介します。

*初七日と四十九日

  • 初七日…命日を含めた7日目
  • 四十九日…命日を含めた49日目

人は亡くなると、7日ごとに審判を受けるという仏教の教えがあります。この教えから7日ごとに7回の法要を行い、49日で忌明けとなります。

最近は7日ごとに法要を行うことも少なくなり、初七日と四十九日のみを行うケースがほとんどです。また、初七日は告別式と一緒に済ませるのが通例となっており、四十九日には納骨も併せて行われます。

*一周忌から七回忌までの法要

  • 一周忌…命日から満1年
  • 三回忌…命日から満2年
  • 七回忌…命日から満6年

一周忌から七回忌は、家族や親族、故人様と親しかった友人・知人などにお声がけをして執り行うものです。三回忌までは喪服を着用します。七回忌の場合、家族・親族のみで執り行うことも多いです

*十三回忌以降の法要

  • 十三回忌…命日から満12年
  • 十七回忌…命日から満16年
  • 二十三回忌…命日から満22年
  • 二十七回忌…命日から満26年
  • 三十三回忌…命日から満32年

十三回忌以降は法要の規模を小さくし、身内のみで行われます。仏教において、三十三回忌は「故人が先祖神の仲間入りをする」といわれています。

そのため、一般的に三十三回忌を最後とすることがほとんどです。また、このタイミングで「故人の法事をする時期は過ぎた」という意味で、卒塔婆に杉の葉を括り付ける儀式を行う場合もあります。

静岡で葬儀の出向をご希望なら【天然寺】~料金・費用のお問い合わせも親身になってお答えします~

静岡で葬儀の出向をご希望なら【天然寺】~料金・費用のお問い合わせも親身になってお答えします~

【天然寺】は静岡で葬儀・法要のご依頼を承っています。お寺での葬儀はもちろん、静岡県内の葬斎場やホール、ご自宅への出向にも対応可能です。

静岡の豊かな自然に囲まれた環境で、浄土宗の儀礼に則りながらしめやかなご葬儀を執り行います。料金・費用のお問い合わせもお気軽にご連絡ください。

お役立ちコラム

静岡で葬儀の出向を依頼するなら【天然寺】

寺院名 岩科山(いわしなざん)天然寺(てんねんじ)
住所 〒410-3613 静岡県 賀茂郡松崎町岩科北側507-1
電話番号 0558-42-0376
URL http://tennenji.net