静岡で永代供養のことなら | 天然寺

永代供養は静岡の【天然寺】にお問い合わせを~法然上人が開いた「浄土宗」の起源~

永代供養は静岡の【天然寺】へお問い合わせを~料金・葬儀のご相談もお気軽に~

永代供養は静岡の【天然寺】へお問い合わせを~料金・葬儀のご相談もお気軽に~

永代供養は静岡の【天然寺】へお問い合わせください。観音像や不動明王、地蔵尊像などの像を多く祀り、自然に囲まれた静岡の【天然寺】は、永代供養のご相談に対応しています。お墓の維持が難しいという方や、ご家族への負担を減らすためお墓を建てたくないという方に最適です。永代供養の料金についてもご相談ください。

また、浄土宗の儀礼に則って、お近くの斎場やホール、ご自宅でのご葬儀に出向することも可能です。神奈川への出向にも対応しています。もちろん、御年忌法要のご依頼も承りますので、静岡で永代供養・葬儀(浄土宗)のご相談は、お気軽に【天然寺】へご連絡ください。ご遺族様の気持ちに寄り添った、丁寧な葬儀・法要、永代供養を執り行います。

法然上人が開いた「浄土宗」の起源

法然上人が開いた「浄土宗」の起源

浄土宗は、平安時代末期から鎌倉時代初期の末法思想が蔓延していた頃、法然上人によって開かれました。

時代の変わり目であったことから、治安の乱れが激しく、民衆は不安に陥っていました。それを見かねた法然上人は、民衆に向けて「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで救われる教えを民衆に向けて説き、浄土宗の布教を行います。すると、それまでは厳しい修行が必要な仏教が主流でしたが、人々の不安と手軽さがあいまって、浄土宗は一気に民衆の間で広まります。

後に、法然は弟子の親鸞と共に流刑に処されてしまいますが、それによって浄土宗はさらに全国へと広がっていきました。また、飛鳥時代に中国から日本に伝来し、貴族や武士が中心に信仰されていた仏教は、この浄土宗の全国的な布教活動を境に大衆化されます。浄土真宗や時宗などの念仏宗が発展し、現在に至るまで脈々と信仰が続いています。

浄土宗での葬儀をお考えなら、ぜひ【天然寺】へご相談ください。歴史ある静岡のお寺【天然寺】が、心を込めて故人様をお送りいたします。

お役立ちコラム

静岡で永代供養のご依頼なら【天然寺】へ

寺院名 岩科山(いわしなざん)天然寺(てんねんじ)
住所 〒410-3613 静岡県 賀茂郡松崎町岩科北側507-1
電話番号 0558-42-0376
URL http://tennenji.net