静岡で永代供養のことなら | 天然寺

永代供養を下田周辺でお考えなら【天然寺】へ~浄土宗の葬儀の流れとポイント~

浄土宗の葬儀の流れ

浄土宗の葬儀の流れ

宗派によって葬儀の流れや細かなしきたりは異なります。「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えることで必ず極楽浄土へ往生できるという思想の浄土宗の場合、「序分」「正宗分」「流通分」に「授戒」「引導」の儀式を加えたものが葬儀となります。

*通夜

まず、葬儀に先立ってお通夜が行われます。このとき、授戒も併せて行うのが一般的です。ご遺体の顔に白い布をかけ、守り刀の刃を足先に向けて胸元に置きます。

その後、懺悔や剃髪して仏弟子になる剃度作法、三帰三竟、授与戒名、開経偈、誦経、発願文、摂益文、念仏一会、回向の手順で進めていきます。

*葬儀式

祭壇は白花を基調に組んでいきますが、故人が好んでいた花や色で祭壇を準備することも増えています。祭壇の中央には「南無阿弥陀仏」もしくは「阿弥陀如来の掛け軸」を掲げ、序分・正宗分・流通分を執り行っていきます。序分は諸仏を迎え入れる儀式で、僧侶や式衆の方々を招き入れる入堂、香偈、三宝礼、奉請、懺悔偈が式の次第です。

葬儀の中心であり引導も含む正宗分では作梵や合ぱち、念誦、下炬引導、開経偈、誦経、焼香、摂益文、念仏一会、回向などを行います。そして故人・諸仏をお見送りする流通分での総願偈、三身礼、送仏偈を経て退堂となります。

*お焼香

地域や寺院などで違いがあるものの、浄土宗では焼香の回数に決まりはありません。一般的に1回~3回で行います。親指・人差し指・中指の三本でつまみ、額まで押しいただいて火種に投じます。

下田で永代供養をご検討の際は松崎町の【天然寺】へ~葬儀やお墓などのお悩みを受け付けています~

下田で永代供養をご検討の際は松崎町の【天然寺】へ~葬儀やお墓などのお悩みを受け付けています~

時代とともにお墓や葬儀に対する考え方が変化するからこそ、一人ひとりの想いを汲んだ供養が必要といえます。

下田で永代供養をお考えなら、創建500年を誇る浄土宗の名刹【天然寺】までお問い合わせください。松崎町を拠点に、下田や伊豆など静岡県内での永代供養・葬儀に関するご相談を承り中です。

永代供養や葬儀のことなら、下田周辺からのご依頼にも対応可能な【天然寺】がお力になります。

お役立ちコラム

下田で永代供養をお考えの方は【天然寺】へご相談を

寺院名 岩科山(いわしなざん)天然寺(てんねんじ)
住所 〒410-3613 静岡県 賀茂郡松崎町岩科北側507-1
電話番号 0558-42-0376
URL http://tennenji.net