静岡で永代供養のことなら | 天然寺

【伊豆】ペット供養の棺に思い出を詰め込むために 犬・猫の標準年齢と終活準備

ペットは家族同然の大切な存在です。そんなペットとのお別れは非常に辛く、簡単に立ち直れるものではありません。

しかし、ペットの火葬や供養など考えなくてはならないことがたくさんあります。ペットとのお別れが近づいているなら、少しずつ準備を進めておくことが大切です。

伊豆でペット供養や葬儀を執り行うお寺の天然寺が、ペットの終活の必要性やペット供養で必要なことについてご説明いたします。大切なペットとのお別れを悔いの残らないものにするために、事前にできることはしっかりやっておきましょう。

伊豆でペット供養をお考えの方は必見の内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

ペットが亡くなったら一緒のお墓に入りたい方が多数

お墓を掃除する手

近年はペット火葬やペット供養を行う方が増えてきましたが、ペットと人間が一緒に入れるお墓はそう多くはありません。檀家の反対や宗教上の問題など、様々な弊害があるのが現状です。

ペットを亡くした方の多くが、ペットを自分と一緒のお墓に埋葬したいと考えているものの、実際に一緒のお墓に埋葬した方は多くはないのが現状です。

しかし、ペットを亡くした方の多くが一緒のお墓に入りたいと思っているということは、ペットがそれほどまでにかけがえのない存在であることを物語っています。一緒に入ることはできなくとも、ペットが安らかに眠れるようにきちんと供養してあげることが大切です。

伊豆のペット供養に対応する天然寺では、飼い主様の心に寄り添ったペット供養を行います。まずはお気軽にご相談ください。

犬・猫の標準年齢はいくつ?いつか来るお別れに備えペットにも終活を

床に座っている二匹の犬

ペットが元気なうちは、中々お別れについて考えることはできないかもしれません。しかし、その時は必ずやってきます。ペットが亡くなると、辛く悲しい中でペットを火葬してくれる霊園を探したり、それに伴う準備をしなければなりません。

動揺している中では正しい判断ができず、後悔することもあるでしょう。そうならないためには、ペットの標準年齢を把握し、少しずつ終活を進めていくことが大切です。

犬・猫の標準年齢は、1年半の段階で人間でいう16歳に相当します。そのため、犬・猫の11年は人間の60歳、16年は80歳、20年は96歳になります。犬や猫の寿命はそれぞれ異なるものの、ひとつの目安として、覚えておくことをおすすめいたします。

ペット供養の事前準備~棺に入れるものや供養の方法を考えておこう~

ペット供養を行うなら事前準備が欠かせません。どこでペットを看取るのか、どこで火葬を行うのか、火葬した後の遺骨はどうするのかなど、考えておかなければならないことが多数あります。ご家族とよく相談し、後悔のないお見送りをしてあげましょう。

ペット火葬・葬儀の際は、棺に入れるものを事前に考え準備しておきましょう。しかし、棺に入れられるものには制限があります。首輪やリードなど、火葬で燃えないものは棺には入れられません。お気に入りの写真やペットが好きだったおやつなど、火葬で燃やせる思い出の詰まったものを準備しましょう。

火葬が終わった後は、遺骨の供養を行います。供養の方法は様々で、お寺や霊園に納める納骨や、自宅に持って帰る手元供養などがあります。ペットをどのように供養していくのか、ご家族でしっかり話し合っておきましょう。

伊豆のペット供養のご相談なら天然寺~後悔のないお見送りをするために~

伊豆でペット供養をお考えなら、創建500年のお寺の天然寺にご相談ください。海に近く、豊かな自然に囲まれた歴史あるお寺で、大切なペットのご遺骨を責任を持って供養いたします。

静岡県の伊豆、静岡、下田、賀茂郡に対応しております。後悔のないお見送りをするために、伊豆のペット供養に関するお悩みならどんな些細なことでも遠慮なくお聞かせください。

葬儀やペット供養に関する情報はこちら

伊豆でペット供養なら天然寺にご依頼ください

寺院名 岩科山(いわしなざん)天然寺(てんねんじ)
宗派 浄土宗
住職名 秋山 和俊(あきやま かずとし)
住所 〒410-3613 静岡県賀茂郡松崎町岩科北側507-1
アクセス

松崎バスターミナルからバスで10分、

「重文岩科学校」バス停から徒歩2分

電話番号
0558-42-0376
※お電話ですと比較的早く対応が可能です。
※不在で電話が繋がらなかった場合は留守番電話にメッセージをお願いいたします。
FAX番号
0558-42-0376
※「お名前」「電話番号」「相談内容」をご記載ください。
URL http://tennenji.net