静岡で永代供養のことなら | 天然寺

西伊豆の永代供養は浄土宗のお寺へ 永代供養とは?メリット・デメリットと納骨式のマナー

お墓の後継者がいない、維持管理が難しいという理由から、永代供養を選ぶ方が増えています。その一方で、従来のお墓との違いや納骨、マナーに関する疑問も多くなっています。そもそも永代供養とは何か、従来のお墓と比べたメリット・デメリット、永代供養における納骨式のマナーについて、西伊豆の浄土宗のお寺・天然寺がご説明いたします。

永代供養とは?

数珠を手に持ち合掌する人

「永代供養」とは、お寺や霊園が遺族の代わりに永代にわたって遺骨の供養・管理を行う仕組みのことです。

近年は核家族化やライフスタイルの変化により、家族が先祖代々のお墓を受け継いでいくことが難しくなっています。お墓の継承者がいない、お墓の維持管理が難しいというお悩みを解決できるのが永代供養です。永代供養では、最初に費用を支払うと寺院・霊園が永代にわたって遺骨の供養・管理を行ってくれます。

ただし、「永代」といっても遺骨の安置には期限を設けていることが多く、一定期間が過ぎると合祀されることが一般的です。ほとんどの寺院・霊園では三十三回忌までとしています。

「永代供養」と似ている言葉に「永代使用」がありますが、意味は全く異なります。永代使用とは従来の先祖代々のお墓において、永代使用料を継続的に支払い、お墓を維持していくことです。継続して管理料がかかる、後継者がいなくなると無縁墓になってしまうという点で、永代供養とは大きな違いがあります。西伊豆や下田で永代供養をお考えの方は、天然寺にご相談ください。

永代供養のメリット・デメリット

永代供養について考える女性

永代供養は一般的なお墓に比べて、次のようなメリット・デメリットが挙げられます。

永代供養のメリット

  • 新しくお墓を建てるよりも費用を抑えられる
  • 寺院・霊園に供養や管理を任せられる
  • 宗派・宗旨を問わず誰でも利用できる
  • 通いやすい立地に多く、交通の便が良い

永代供養のデメリット

  • 供養される期間が決まっている
  • 合祀されると改装や遺骨を取り出すことができない

金銭的な負担やお墓を維持・管理する負担がかからないという点で、永代供養には大きなメリットがあります。お寺の宗派などを問われることもなく、通いやすい立地に多いことも特徴です。ただし、基本的に永代供養は供養される期間が決まっており、供養の回数・頻度も管理先により異なりますので、事前に確認した上でご検討ください。

永代供養の納骨式でのマナー

納骨式は、お墓などに故人のご遺骨を納める儀式です。永代供養とはいえ故人を供養する大切な儀式ですので、基本的なマナーを押さえておくと安心です。

服装

四十九日以前に納骨式を行う場合は、施主・親族・参列者全員が喪服で参列するのが基本です。四十九日以降の納骨式では地味な色の平服が一般的ですが、親族だと一周忌までに行われる儀式は喪服での参加を求められる場合があります。迷った場合は寺院や霊園に確認しておくと安心です。

香典

納骨式に参加する場合は、通常のお墓と同様に香典が必要となります。納骨式での香典の相場は5千円ほどですが、会食に参加する場合は1万円程度を準備しておきましょう。表書きは、四十九日以前は「御霊前」、四十九日後は「御仏前」「御佛前」と記載するのが一般的です。

お供え物

永代供養墓にもお供えのできるスペースが用意されています。合祀墓の場合は他の故人も眠っているため、お花や菓子折りなど最低限のお供え物を用意するのが一般的です。個別のお墓や納骨堂では、故人が生前愛用していた物などもお供えできますが、寺院・霊園により規定が設けられている場合がありますので、事前に確認が必要です。

西伊豆で永代供養のご相談なら浄土宗のお寺・天然寺へ

お寺へ永代にわたって供養を任せたい方、西伊豆で永代供養をお考えの際は、天然寺へお問い合わせください。応仁2年創建、風光明媚な伊豆半島にある浄土宗の名刹です。

海が近く豊かな自然に囲まれた西伊豆の地で、ご遺族様に代わり心を込めてきめ細やかな供養を執り行います。天然寺は浄土宗のお寺ですが、永代供養では宗旨・宗派は問いません。西伊豆をはじめ近隣地域からも永代供養のご相談をお待ちしております。

西伊豆で永代供養をお考えなら天然寺へ

寺院名 岩科山(いわしなざん)天然寺(てんねんじ)
宗派 浄土宗
住職名 秋山 和俊(あきやま かずとし)
住所 〒410-3613 静岡県賀茂郡松崎町岩科北側507-1
アクセス

松崎バスターミナルからバスで10分、

「重文岩科学校」バス停から徒歩2分

電話番号
0558-42-0376
※お電話ですと比較的早く対応が可能です。
※不在で電話が繋がらなかった場合は留守番電話にメッセージをお願いいたします。
FAX番号
0558-42-0376
※「お名前」「電話番号」「相談内容」をご記載ください。
URL http://tennenji.net