静岡で永代供養のことなら | 天然寺

賀茂郡で葬儀を依頼するなら出向も可能な浄土宗の【天然寺】へ~黒の喪服が浸透している理由~

黒の喪服が浸透している理由

お葬式で着る喪服といえば、黒が常識となっています。現代では、黒の喪服が一般的となっていますが、昔は白の喪服が一般的であったことを知っていますか?

「日本書紀」など、古代の文献によると、当時の喪服は白であったと記録されています。718年に発令された養老喪葬令がきっかけとなり、黒の喪服が一時的に普及していきましたが、室町時代には再び白の喪服が主流となりました。そうした伝統が崩れたのは、明治30年の明治維新で外国文化が積極的に取り入れられたことが、きっかけといわれています。

海外からの黒の喪服文化が入ってきたことにより、着々と普及が始まりました。当時は白と黒の喪服が混在していましたが、汚れの目立たなさや手入れのしやすさもあり、白から黒へとだんだんと変化していきました。現在では、喪服の種類も多様化し、正喪服や準喪服など多くの種類が出てきています。

賀茂郡で葬儀を依頼するなら浄土宗の【天然寺】へ~出向もお任せ~

賀茂郡で葬儀を依頼するなら浄土宗の【天然寺】へ~出向もお任せ~

賀茂郡で葬儀を依頼するなら、浄土宗の【天然寺】にお任せください。

故人様を送る際の形式は、家族構成に合わせてコンパクトになりつつあります。賀茂郡にある【天然寺】では、少しでも悲しみを和らげることができるよう、故人様とご遺族様の気持ちに寄り添った最適な葬儀を執り行います。

賀茂郡をはじめ、伊豆・南伊豆など静岡県全般でご葬儀やご法要を承りますので、お気軽にお申し付けください。ご希望があれば、静岡県・神奈川県の各地に出向いたします。

賀茂郡で永代供養・葬儀をご検討中の方へ

賀茂郡で永代供養・葬儀をご検討中の方へ

賀茂郡で永代供養・葬儀のことなら、【天然寺】へご相談ください。

悲しみの中で行う葬儀は、心身ともに大変な負担となるものです。【天然寺】では、「お墓を維持管理する人がいない」など、様々な事情を抱えている方の相談を受け付けています。ご遺族様の心を和らげつつ、心を込めて供養いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

費用や内容については、お電話またはFAXで受け付けています。

お役立ちコラム

賀茂郡で葬儀をお考えなら【天然寺】へ

寺院名 岩科山(いわしなざん)天然寺(てんねんじ)
住所 〒410-3613 静岡県 賀茂郡松崎町岩科北側507-1
電話番号 0558-42-0376
URL http://tennenji.net