静岡で永代供養のことなら | 天然寺

伊豆で永代供養をお考えなら浄土宗のお寺【天然寺】へ~法事と法要の違い~

伊豆で永代供養をお考えなら賀茂郡にある浄土宗のお寺【天然寺】~お墓に関する費用や法要についてのご相談はお気軽に~

伊豆で永代供養をお考えなら賀茂郡にある浄土宗のお寺【天然寺】~お墓に関する費用や法要についてのご相談はお気軽に~

伊豆で永代供養をお考えなら、賀茂郡にある浄土宗のお寺【天然寺】へご相談ください。伊豆周辺の葬儀、永代供養、法要などのご相談に対応しています。

特に、家族のあり方が変化し、お墓を持たないことを希望する家庭が増えてきた現在では、永代供養が注目を集めています。残されるご家族様への負担を減らすため、生前からご相談される方もいらっしゃいます。

伊豆で浄土宗のお寺に永代供養について相談したい、葬儀を依頼したいという方は、お気軽に【天然寺】へご連絡ください。ご遺族様の心に寄り添った対応で、大切な方とのお別れをお手伝いいたします。法要・費用についてのご質問、お問い合わせもお気軽にどうぞ。

法事と法要の違い~法事を行う意味~

法事と法要の違い~法事を行う意味~

遺族が行う法要は故人の善行となり、極楽浄土に往生することができると考えられています。そのため、故人のことを語り、思い出すことが供養となるのです。

法要を法事と呼ぶこともありますが、厳密には異なります。仏壇やお墓を前に行う追善供養が法要であり、その後の挨拶や会食を含めた営みを法事と呼びます。人は亡くなったら七日ごとに裁きを受けると考えられ、インドの仏教では四十九日後に生まれ変わる先が決まるとされています。

また、亡き人の幸せを願って法要を行うという考えがあります。七日ごとの法要は遺族が故人を想い、寂しさを和らげる期間であり、浄土宗では供養や親族のため、信仰を深める追善供養を行います。四十九日の後に行われる「百か日」で法事を行い、その日は故人との別れの悲しさに区切りをつける日とされています。「百か日」の後の法要は年忌法要と呼ばれ、亡くなった翌年に行われる一周忌、翌々年に行われる三回忌と続き、その後も日本で生まれた七回忌、十三回忌と法要が行われていきます。

法事は亡き人を偲ぶために親族や地域の人が集まる大切な機会であり、その縁を大切にすることが故人の喜びにつながります。

お役立ちコラム

伊豆で永代供養にお悩みなら【天然寺】へ

寺院名 岩科山(いわしなざん)天然寺(てんねんじ)
住所 〒410-3613 静岡県 賀茂郡松崎町岩科北側507-1
電話番号 0558-42-0376
URL http://tennenji.net