静岡で永代供養のことなら | 天然寺

西伊豆の葬儀は浄土宗のお寺へ 浄土宗の葬儀の特徴・各宗派の違い・日程の決め方

葬儀における宗派には、浄土宗をはじめいくつかの種類があり、宗派ごとに葬儀の進め方にも違いがあります。浄土宗は有名な宗派のひとつですが、実際の葬儀となると、他の宗派と何が違うのか悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。

西伊豆の浄土宗のお寺・天然寺より、浄土宗の葬儀にはどのような特徴があるのか、宗派ごとの葬儀の違い、葬儀の日程を決める際に考慮すべきポイントも交えてご紹介します。

浄土宗における葬儀

静かに手を合わせる喪服の夫婦

浄土宗における葬儀では、他の宗教・宗派では見られない儀式がいくつかあります。主な2つの特徴をご紹介します。

念仏一会(ねんぶついちえ)

浄土宗の葬儀では、故人に代わって参列者一同が「南無阿弥陀仏」と念仏を唱える「念仏一会(ねんぶついちえ)」という儀式があります。僧侶と共に念仏を10回から一定時間唱えることで、故人が阿弥陀如来の救いを得る助けをするという意味が込められています。

下炬引導(あこいんどう)

「下炬引導(あこいんどう)」という儀式が行われるのも浄土宗の葬儀の特徴です。僧侶が棺の前で焼香した後、たいまつを2本取って1本は「厭離穢土(おんりえど)」として捨て去ります。残りの1本で円を描き「下炬の偈(あこのげ)」を読み上げます。これには現世での煩悩を手放し、故人が極楽浄土へ行けるようにという意味が込められています。

浄土宗の葬儀の流れに関してわからないことがあれば、西伊豆で葬儀を行う天然寺にご相談ください。故人様・ご遺族様の気持ちに寄り添い、ご事情に適した供養の方法をご提案いたします。

宗教ごとの葬儀の違いや特徴

沢山の花が飾られた豪華な祭壇

葬儀には様々な種類があり、故人の信仰や宗教によっても葬儀の形式は異なります。宗教ごとの葬儀の特徴についてご紹介します。

仏教式

仏教式の葬儀では、僧侶による読経や参列者による焼香、数珠の使用によって故人の成仏を祈ります。僧侶が故人に戒名を付けるのも特徴です。浄土宗や真言宗、天台宗など様々な宗派があり、それぞれ葬儀の流れや死生観にも違いがあります。

神道式

神道では死は穢れ(けがれ)とされるため、聖域である神社ではなく自宅や葬儀場で葬儀を行うのが一般的です。故人は成仏するのではなく家の守護神になると考えられるため、葬儀は故人が守護神となるための儀式として行われます。また、参列者は焼香ではなく玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行います。玉串とは、榊の小枝に紙垂(しで)をつけたもので、玉串に自分の心をのせ、神に捧げるという意味が込められています。

キリスト教式

キリスト教式の葬儀は主に教会で行われ、賛美歌や聖歌が歌われます。故人そのものを偲ぶのではなく、神に召されることを祝福するという意味合いを持ち、葬儀は神へ許しを請うための儀式となっています。仏教のように焼香の儀式はなく、献花を行うのが特徴です。カトリック系とプロテスタント系では葬儀の方法が異なります。

無宗教式

特定の宗教・宗派や慣習にとらわれず、自由な形式で葬儀を行うもので、近年増えている「自由葬」とも呼ばれるものです。宗教者を招いて読経を行うことはせず、音楽の演奏や映像上映など、故人の意思や家族の想いをもとに式が執り行われます。

葬儀の日程を決めるポイントとは

葬儀を行う場合、まず決めなければならないのが日程です。葬儀の日程を決めるポイントをいくつかご紹介します。

斎場・火葬場の空き状況を確認する

斎場・火葬場は時期によっては混雑している場合があるため、葬儀社や寺院と相談した上で日程を調整しましょう。

遺族・親族が参列しやすい日程に配慮する

遺族や親族の方、遠方にお住まいの方も無理なく参列しやすい日程を設定することが大切です。

地域や親族間の慣習を確認する

地域の慣習や親族間の決まりごとがある場合は、その点も踏まえて日程を決める必要があります。

友引に葬儀を行うことは可能?

葬儀では友引の日を避ける傾向にありますが、これは「友を引く」ため縁起が悪いという考えによるものです。これは迷信であり、友引に葬儀・告別式を行うことは全く問題ありません。しかし、火葬場では休業するところが多いため、自然に友引を避けた日になる場合が多いです。

西伊豆で葬儀なら浄土宗のお寺・天然寺 ご自宅や近隣の葬祭場への出向も可能です

創建500年を誇る浄土宗のお寺・天然寺は、西伊豆で葬儀や法要、永代供養に関するご質問・ご相談を承っております。ご自宅や近隣の葬祭場・ホールへの出向にも対応しており、西伊豆をはじめ近隣地域からのご依頼・ご要望にも親身にお応えします。西伊豆で葬儀をご検討の際は、天然寺にお任せください。

西伊豆で葬儀を執り行うなら天然寺へ

寺院名 岩科山(いわしなざん)天然寺(てんねんじ)
宗派 浄土宗
住職名 秋山 和俊(あきやま かずとし)
住所 〒410-3613 静岡県賀茂郡松崎町岩科北側507-1
アクセス

松崎バスターミナルからバスで10分、

「重文岩科学校」バス停から徒歩2分

電話番号
0558-42-0376
※お電話ですと比較的早く対応が可能です。
※不在で電話が繋がらなかった場合は留守番電話にメッセージをお願いいたします。
FAX番号
0558-42-0376
※「お名前」「電話番号」「相談内容」をご記載ください。
URL http://tennenji.net